サイトメニュー

施術後は圧迫を避ける

注射器

筋肉の動きを抑制する

ボトックスは簡単に受けられる整形手術として有名です。注射をするだけなので施術にかかる時間もわずかですし、ダウンタイムもありません。しかし、いくつか気をつけておくべきことはあるので覚えておきましょう。まず注射をして施術が終わると言うわけではないということです。注射をして薬剤を体に入れた後、吸収されるまでに時間がかかります。一日〜二日ほどかかることもあるので、その間は注射をした部位を圧迫しないように気をつけなくてはいけません。ボトックスが吸収されていない状態だと、圧迫をすることで別の場所に薬剤が移動してしまう危険があります。違った場所に薬剤が移動してしまうと、その場所の筋肉の動きが抑制されるので狙った通りに効果がでない恐れがあります。特に顔に使う時には微調整をして狙った部位だけに効果がでるようにしています。少し場所が変わるだけで目が開けられないなどの副作用がでることもあるので、患部を触らないようにして過ごしましょう。顔を触る癖のある人は自分でも気付かないうちに顔を触っていることがあるので、意識をして患部を触らないようにしておく必要があります。また顔に施術を受けた時にはうつぶせ寝をすると顔を圧迫する原因になるので、寝ている時もできるだけ気をつけるようにしなくてはいけません。洗顔をする時も気付かないうちに顔を押さえていることがあるので、できるだけメイクを薄くして必要上に顔を圧迫しないようにしましょう。クレンジングの時に目元のメイクが濃いとこすらないと落ちないことがあるので、こすらなくても落ちるようなメイクにしておくと安心です。ボトックスが効果をあらわすのは注射をしたからではなく、薬剤が吸収された部位に働きかけるからです。皮膚の下には様々な筋肉があり、それぞれが収縮をする働きがあります。筋肉が収縮することで、体に力を入れることができて自由に動かすことが可能になります。このときには筋肉が独自に動いているのではなく、脳から動くための細かな指令がでて、その信号が伝わってから筋肉が動きます。頭で考えた通りに体を動かすことができるのはこういった機能が体に備わっているからです。しかし、全ての動作をひとつひとつ考えて行っているのではなく無意識のうちに筋肉を動かしていることもあります。そのひとつが表情を変える時に使う筋肉で、通常は意識をしなくても表情を変えながら話をしたりしてコミュニケーションをとっています。無意識のうちに同じような表情をする癖がついていることが多いので、同じ場所にシワができ、それが段々と深くなっていきます。表情シワはこのようにして無意識にしている表情によって作り出されていきます。そのため自分で治すのが難しく放置しておくとシワがどんどん深くなります。ここにボトックスを使うと脳から筋肉を動かすような指令がでても、筋肉の動きを抑制することができます。いつも通り脳からの指令がでるので、ボトックスを使っていない部位は筋肉を同じように動かせます。しかし薬の効果がでている部位だけは動かなくなるので、表情を変えてもシワができません。自分では何も意識していなくても表情シワをなくすことができるのはこういった仕組みになっているからです。

小顔を作るプチ整形

顔に触れる女性

ボトックス注射で耳の下にある咬筋を細くすれば、エラが小さくなって別人のような小顔になります。エラの張りに悩んでる人達にとって、ボトックス注射はコンプレックスを簡単に消し去ってくれる救世主的な注射です。

詳しく見る

様々な年代の愛用者がいる

鏡を見る女性

ボトックスは若い人も年配の人にも人気があり、続けて何度も施術を受けている人が大勢います。また、女性だけでなく男性からも人気があります。施術を受けるクリニックを選ぶ時には価格だけでなく保証がついているかどうかも確認して決めましょう。

詳しく見る

時間がなくても受けられる

女性

ボトックスは今まで忙しかったり痛みが怖くて整形手術が受けられなかった人でも気軽に行えるということで人気があります。何度か繰り返し施術を受ける必要がある治療法なので、できればかかりつけ医を見つけておくことをおすすめします。

詳しく見る